邦人とウォールの系は?

外人が日本にきて驚く意味の一つは、フロアーは何とも小綺麗だけれどウォールに不浄が目立つことです。確かに多くの日本の家庭では、フロアーの純化は毎日のように行いますが、すこぶるのことがない以上ウォールを拭きません。壁面の張り替えテンポも低のではないでしょうか。外人にとっては、ウォールもフロアーもおんなじ脈絡に見えることが多く、日本の書屋や病院、旅館や駅舎などでも、ウォールの不浄は目立つようです。我が国は過去、ウォールと言うと木や漆喰、あるいは障子や襖でしたから、ウォールを拭く慣習がなくても不思議ではありません。また我が国は欧米と違い土足NGでフロアーがきれいな結果、比較するとウォールのほうが汚れて見えるとも言えます。私はヨーロッパに20歳程度住んでいました。壁面の貼り替えは、数年に一度はしていたように思います。カラーの品目が多く選ぶのがやりがいでした。桜の花弁のようなカラーやハワイの晴天のカラーなどの広間は中でも気に入りましたし、壁面のカラーはやわらかな明るいカラーを今でも好みますが、5歳前からは漆喰のマンションに住んでいますので、ナチュラル麦カラーに囲まれています。先ず不浄が付いてしまうと漆喰を削るしかないので、汚れないように気をつけています。マイナチュレを使い始めました

こたつから飯台へ

ちょっと昼と夜の温度差はありますが、日光の出ているシーンは全く温かくなってきたと実感しています。
家のこたつ布団はいやに前に片付けたのですが、こたつ本体は食卓として使っているので連日取り出しっ放してあるのですがあたしはまだまだタイミング発想がないと思い、思い切ってこたつ本体を押入れにしまい、しまってあった食卓を出してみました。ここ数年はこたつ本体を連日出していたので、食卓を使うのは数年風なので食卓を置くとやっぱりフレッシュです。こたつから食卓へ変えるのはトラブルだけれども、こたつから食卓にかえると視覚から最もタイミングが変わったのだなという感覚がわいて、ガッツに減り張りがでます。
あたしはこたつをしまってから食卓を出したついでに扇風機を押入れから出してはみたのですが、何より少しタイミングを推測しすぎたような気がしたので、ひとまず扇風機を補修をしてきれいな状態でいつでも使えるようにして、また押入れに直ちにしまいました。些か温度が上がってきたら扇風機のスタートです。福岡の税理士に申告してもらいました

草々兄さんが結婚するって

アクトレスの優香ちゃんとモデルの青木崇ボリュームちゃんと結婚するそうです。
いやーびっくりしました。交際して半年くらいとか。
青木崇ボリュームちゃんは私の大好きなモデルちゃんです。
彼氏をようやく見たのは、NHKの朝ドラ「ちりとてちん」です。
アフロヘアでごつい感じの落語家庭の役でした。
落ちぶれた師匠に立ち直ってもらいたくて、下手ながらも
一途に尽くしている、彼氏の身だしなみにぴったりの役柄で、
師匠に冷たくあしらわれて見解を殺して泣いているシーンで、
久しぶりにTVのモデルちゃんにぽーっとなってしまいました。
そしたら彼氏が出るドラマや千差万別は追っかけて見るようになり、
webの通報も集めまくりました。
「ちりとてちん」の共演ヒトちゃんらとプライベートでも仲良くしている見かけには、
素朴で温かい彼氏の奇抜がよくあらわれていましたし、
トーク番組での明るくて、なおかつ、アイドルとしての参戦や生涯について、
冷静に考え分析しているのを見て、そんなに生来ヒューマンでもあるのだなと、
ひたすら好きになっていました。
今日ちょびっと焼きもちもありますが、あの優香ちゃんとの結婚式ですから、
心からお祝いしたいと思います。おめでとう。草々兄さん。フェイスラインニキビには、保湿が大切です