邦人と障壁の関係は?

外人が日本にきて驚く仕打ちのひとつは、階層はずいぶん綺麗だけれど壁に不衛生が目立つことです。確かに多くの日本の家庭では、階層のクレンジングは毎日のように行いますが、よっぽどのことがない以上壁を拭きません。壁の張り替え流れも安いのではないでしょうか。外人にとっては、壁も階層もおんなじ脈絡に見えることが多く、日本のライブラリーや病舎、宿屋や駅舎などでも、壁の不衛生は目立つようです。津々浦々は通常、壁と言うと木や漆喰、あるいは障子や襖でしたから、壁を拭く日課がなくても不思議ではありません。また津々浦々は欧米と違い土足禁忌で階層がきれいな結果、比較すると壁のほうが汚れて見えるとも言えます。わたしはヨーロッパに20層位住んでいました。壁の貼り替えは、数年に一度はしていたように思います。色つやの種類が多く選ぶのが魅力でした。桜の花弁のような色つややハワイの青天井の色つやなどの広場は単に気に入りましたし、壁の色つやはやわらかな嬉しい色つやを今でも好みますが、5層前からは漆喰のわが家に住んでいますので、余裕麦色つやに囲まれています。一旦不衛生が付いてしまうと漆喰を削るしかないので、汚れないように気をつけています。自己破産 の相談 だけでもしてみる価値はあります